So-net無料ブログ作成
2014.07.07 より

屋根の上のオリオン Orion on the Roof [天体]

今朝も晴れ。

数日前の予報からすれば外れ。

今日、明日は曇りや雨の予報だった。

で、昨日、エネルギーを温存した分、今朝も起きた。

ただ、夜明け前のアイソン彗星はもう撮影できなかった。

望遠鏡の位置をずらせておいたのだが、写るのはアパートの庇だった。

もう12月に帰ってくるまでお預けだ。

溶けずに帰って来いよ!



オリオン座

カメラ用の「赤道儀」を通販で買ったので、試している。

この前の北斗七星のように、地上の景色と星空を同時に撮るために。

おもちゃのような安物で(だから買ったのだから文句はない)、極軸を合わせづらく(ほとんど不可能、この前は幸運にもうまくいったが)、使い物になるかどうかは分からない。

この前は高度が低くて操作しやすかったが、今度は屋根の上に上がったオリオン。

写野に入れるにも、いちいちシャッターを切って、モニターを確かめねばならない。

更にピント合わせ。

忍耐力が無く今回は全てテキトーになった。

ズームレンズの焦点距離だけはあらかじめ決めていたが、ごちゃごちゃ操作している間に最低の14mmになっていた。

写真は露出60秒のものを9枚重ね合わせ、画像処理したもの。

まあ、斜め下からの町の明かりがすごい。

PB014813~21(9)オリオン座縮.jpg


肉眼では、星のきれいな夜でも3、4等星程度までしか見えない。

通常(多分星のきれいな地域)、肉眼で見えるのは6等星程度という。

よく知られているオリオン座も、中心部分の特徴的な骨組み以外、腕の部分などは判別が難しい。

こうして写真に撮って、星座線を書いてみると、初めて分かった気がする。

焦点距離が短くなったので、牡牛座のアルデバランやすばるも入った。

オリオンはすばるの中の星メローペを追っているんだと。一説には。

オリオンの話はネットの解説だけでもいろいろある。

どれも言ってみれば作り話なんだから、なんだっていいんだけれど。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。